Matterport(マーターポート)

2.スキャンする方法 - 撮影の前に

整理整頓

3Dショーケースで視聴者に見せたいと思うように、現場をきれいに整理し、整理します。
個人的または私的なアイテムなど人々に見せたくないものを隠してください。

照明を調整する

始める前にすべてのライトを点灯させてください。
スペースが十分に点灯していることを確認します。暗い部屋をスキャンすることはできません。
Matterport ProおよびPro2 3Dカメラは、不均一な照明の場合自動的にバランスを取るHDR(高ダイナミックレンジ)が付属していますが、極端な光の違いを避けてください。

可能であれば、明るく直射日光を最小限に抑えてください。
ブラインド、シェードを使ってください。
明るい日差しで照らされた空間はスキャンできますが、3Dジオメトリ(フロアプランビューまたはドールハウスビューの穴)が不良になることがあります。
直射日光の当たる場所(太陽の外側または尖っている場所)で3Dスキャンを実行しないでください。

このような状況では360°のビューを使用してください。

何も動かさない

最初のスキャンの後には何も動かさないでください。椅子、ドア、家具なども含まれます。オブジェクトを動かすと、位置合わせエラーが発生する可能性があります。
ペットや人のように動くものは避けてください。

ドアは完全に開閉する

ドアを閉じた場合、その部屋をスキャンしていないことを意味し、最終的なMatterport Spaceの一部にはなりません。

撮影のパスを計画する

スペースを歩き、カメラを置く場所の計画を立てます。
訪問者が興味りそうな場所は追加でスキャンを行います。

屋外では360度ビューを使用する

屋外でスキャンするときは360°ビューを使用します。
非常に明るい日光のある広い空の開いた場所では、360°のビューを撮ることもできます。