Matterport(マーターポート)

2.スキャンする方法 - 階段&複層フロア

パスを計画する

最低階でスキャンを開始して上階に行くのが最も簡単です。
すべてのスキャンポジションが接続されている限り、どこでもスキャンを開始できますが、最下階から始めた方が一番簡単です。

モデルをアップロードした後で、訪問者の動画開始位置を任意の場所に設定することができます。

階段をスキャンする方法

A→B→Cの手順で上階に上っていきます。一つ前のカメラが見える位置に設置してください。くれぐれも、バランスには気を付けてください。

階段をスキャンする方法

新しいフロアを追加

カメラが次の階の階段の上にくると(上記のCのスポットC)、すべての三脚の足を通常の高さに伸ばします。
キャプチャアプリケーションで、[1階]ボタンをタップして[新しいフロアを追加]をタップします。

フロアの名前を入力し、「作成」をタップします。
新しいフロアを追加すると、プレビューウィンドウから消えますが、これは正常です。

[戻る]をタップしてスキャン画面に戻り、通常通りスキャンを続行します。

フロア名は個人的な場合にのみ記入してください。
アップロードしたフロアは、自動的にフロア1、フロア2などに番号がつきます。

フロアレベルは、アップロード後にMatterportによって自動的に決定されます。
Captureアプリケーションで新しいフロアを追加することにより、より効率的にスキャンすることになります。