BIM/CIM に最適

CloudalizeBIM/CIMに最適

Cloudalize
BIM のプラットフォームについて

Cloudalize のGPU を搭載したプラットフォームは、
専門のクラウドエンジニアチームによってカスタム構築され、完全に管理されています。
私たちは既に多くのヨーロッパや北米で数百社のBIM の導入と最適化を支援してきた実績をもっています。

クラウダライズを使えば、BIM に特化したアプリケーションやソフトウェアを実行することができます。
データは非常に安全で、サードパーティのコントラクターを含むBIM プロジェクトのすべての関係者の間で共有され、
クラウド上でいつでもどこからでも、どのデバイスからでもアクセスできます。

  • 3D モデリング。お好みの設計・レンダリングソフトを使って、Cloudalize 上でBIM プロジェクトをフル3D で作成することができます。
  • BIM プロジェクトファイル。BIM プロジェクトのドキュメントとモデルをCloudalize 上で効率的にアップロード、整理、更新します。
  • オンタイムデリバリーのためのプロジェクト管理。すべてのプロジェクト関係者に最新情報を提供し、タイムリーで組織的な方法で納品を進めます。
  • リアルタイムコラボレーション。すべてのプロジェクト関係者がモデルを共有し、計画を更新し、フィードバックを行い、プロジェクトに関する知見を提供することができます。

Cloudalize for BIM
3つのアドバンテージ

1
正確さ

BIM の「I」は「情報」を意味します。BIM は、BIM プロセスのすべての関係者が一貫性のある正確なデータにアクセスできて初めて機能します。GPU を搭載した当社のプラットフォームは、すべてのBIM ソフトウェアとプロジェクト、そしてサードパーティ製のプラグインを簡単に実行できます。

この機能により、ソフトウェアとBIM プロジェクト関係者の間でデータをシームレスに転送することができます。Cloudalize を使えば、複数のソースから正確で一貫性のあるBIM データを常に入手することができます。これ以上ないほどシンプルです

材料情報、生成された設計変更、チームの専門知識は、Wi-Fi、4G、5G(利用可能な場合)を介して、現場からオフサイトへ、またはクライアントからコントラクターへと転送されます。

2
実用的

Cloudalize のGPU を搭載したテクノロジーは、BIM プロセスやワークフローに付加価値を与える新しい方法です。これにより、BIM プロジェクトのすべての関係者から収集され、共有された正確なデータから、実用的な洞察を得ることができます。

私たちのプラットフォームは、プロジェクトチームのメンバーに、プロジェクトの360 度の単一ビューを提供します。Cloudalize は、すべてのBIM データとベンダーのソフトウェアを1 つのプラットフォームに統合します。Cloudalize は、1 つのソフトウェアから別のソフトウェアへデータを取り込み、サードパーティのアプリケーションへシームレスに転送することができます。

さらに、Cloudalize のプラットフォームの処理能力とパフォーマンスのおかげで、人工知能(AI)の力を使って次世代の計算設計を実行することができます。AI を使ってBIM 設計ソフトウェアやツールを強化することで、設計プロセスに新しいレベルの理解と創造性をもたらすことができます。

3
アクセス性

Cloudalize のGPU を搭載したプラットフォームを使用することで、BIM はユニバーサルになります。ステークホルダーからステークホルダーへ、すべての役割と専門分野がBIM プロジェクトのワークフローに参加できます。彼らは、どのデバイスからでも、どの場所でも、いつでも、BIM プロセス、情報、ワークフローにアクセスできます。

Cloudalize のGPU を搭載したソリューションは、BIM から現場への完全なオペレーションを可能にします。誰もが同じプロジェクトデータや情報にアクセスして、プロジェクトの目的を達成し、目標を達成することができます。

これは、お好みのデバイスやオペレーティングシステム(OS)で実現できます。Cloudalize のGPU を搭載したプラットフォームは、まさに機能しています。組織のBYOD(Bring-Your-Own-Device)ポリシーにも対応しています。Windows でもmacOS、Linux、Android でも同じように簡単に動作します。エミュレータも必要ありません。このような柔軟性により、BIM プロジェクトのすべての関係者がリアルタイムで協力することができます。