ブログBLOG

Matterport(マーターポート)ブログ事例紹介公共施設タリアセン・ウエストから次の世代のデザイナーにインスピレーションを与える

タリアセン・ウエストから次の世代のデザイナーにインスピレーションを与える

構造と空間でアメリカのアイデンティティを表現する。

 

歴史上、最も象徴的な建築家の一人であるフランク・ロイド・ライトは、私たちの建築と生活のあり方を変えました。
ライトは、アメリカの風景、人々、民主主義の理想など、アメリカ文化を称える空間を創造することに人生を捧げました。
家具から周囲の地形に至るまで、文化的価値を伝えるために空間のあらゆる側面を利用し、どんなに小さな要素でもすべての要素を結びつける総合的な環境を創造しました。

 


アリゾナ州スコッツデールにあるタリアセン・ウエストは、ライトの冬の別荘でした。

数百エーカーの土地に建つタリアセン・ウエストは、砂漠のユートピアを体現しており、地元の岩や砂漠の砂を使った「砂漠の組積造」で作られた建築物は、風景の一部となっています。
現在、タリアセン・ウエストにはフランク・ロイド・ライト財団があり、ライトのコミュニティや弟子たちの価値観を教え続けています。

フランク・ロイド・ライト財団のコミュニケーション&パートナーシップ担当副社長のジェフ・グッドマン氏に、この空間のインスピレーションについて聞いてみました。

 


Q: フランク・ロイド・ライトの「タリアセン・ウエスト」を3Dで撮影した理由は何ですか?

フランク・ロイド・ライトの作品を真に理解するには、それを体験するしかありません。
例えば、その場所で彼の家具に座ってみないと、ライトが遠くの風景を完璧にフレームに収め、自然との間に深いつながりを生み出していることに気づかないでしょう。

残念ながら、誰もが実際にタリアセン・ウエストを訪れる機会はないので、バーチャルな体験をするのが次善の策です。
そこで、ライカ ジオシステムズ社とMultivista社と提携して敷地をスキャンし、Matterport社と提携してスキャンした画像を「体験」できるようにする機会を得たとき、私たちはそれに飛びつきました。
実際に現場を訪れること(風除室で体に当たる涼しい風を感じたり、2月の柑橘類の花の香りを感じたりすること)に代わるものがないことは承知していますが、このMatterportのバーチャルツアーは次善の策として最適です。

 

Q: 来場者に見てもらいたい「必見の場所」とその理由を教えてください。

タリアセン・ウエストのスキャニングには多くの配慮がなされています。
実際に訪れてみると、ライトが狭くて暗い空間を通って部屋に入り、部屋に入った途端たくさんの色と光で迎えてくれるような、「抑圧と解放」の感覚を覚えます。
ガーデンルーム(ライトのリビング)に入ると、カメラが天井近くに設置されていて、実際に歩いているときのようなわずかな違和感を感じることができます。
ただ部屋を飛び回るのではなく、実際にその場にいるような感覚で空間を移動していただくことで、ライトがどのようにして使う人のニーズに合わせて空間をデザインしているのかを感じていただけると思います。
また、製図室やダイニングルーム、キッチンなど、普段は見ることのできない空間もあります。バーチャルツアーでは、好きなだけ時間をかけてご覧いただけます。
また、火を噴くドラゴンも必見ですよ。

 



Q:タリアセン・ウエストを楽しんだ後、来場者に何を伝えたいですか?

フランク・ロイド・ライトは、より良い建築方法を示しているだけでなく、より良い生活方法も示しています。科学が証明する以前から、自然や美と深く関わることで、人間はより健康で幸せになれると理解していました。
タリアセン・ウエストを訪れると、室内にいても周囲の風景とつながっていることを肌で感じることができます。
彼は、自然環境の広大な景色を提供し、敷地内で見つけた材料を使って建物に自然を取り入れています。
家に帰って、お気に入りの椅子を部屋ではなく窓に向けるようするなど、タリアセン・ウエストのアイデアを家に持ち帰れば、生活がより良くなり、身体的・精神的な健康に永続的にいい影響を与えることができるのです。

フランク・ロイド・ライト財団のマーケティング責任者である私は、人々が写真を撮ってソーシャル・メディアに投稿し、その体験を共有したり、他の人々に訪問を勧めたりするのが大好きです。しかし、私は、人々に自分の目でタリアセン・ウエストを見てもらいたいと思っています。
FrankLloydWright.org/3DLabでバーチャルツアーを提供することで、家にいながらにしてこの場所を訪れることができ、タリアセン・ウエストにいるだけで楽しむことができるのです。

 

Q: タリアセン・ウエストは現在、コロナウイルスの発生により閉鎖されています。不安な状況にどのように対処していますか?
このような前例のない今、読者はどのようにして芸術やフランク・ロイド・ライト財団のような組織を支援できるのでしょうか?

今は、国内外の芸術・文化団体にとって非常に困難な時期であり、コロナウイルスの感染を食い止め、感染のカーブを平らにするために閉鎖を余儀なくされています。
3月中旬にタリアセン・ウエストを閉鎖したことは、お客様とスタッフの健康と安全を考えれば正しい判断でしたが、私たちは深く傷つきました。
アリゾナ州の観光シーズンのピークである2月、3月、4月には多くのお客様にお越しいただき、そこから得られる収入で残りの期間を支えています。

危機的状況の中で閉鎖した組織の3分の1は、二度と再開できないだろうと言われています。
私たちは、タリアセン・ウエストにそのようなことが起こるのを許しません。
そこで、この危機を乗り越えるために、支援者の皆様の寛大なご協力をお願いしています。そうすれば、何世代にもわたってライトの天才的な才能を体験するための訪問者を迎え続けることができます。
私たちは、多くの人々が困っているこの時期に、会員権に投資していただき、後で訪問の計画を立てることや、できる限りの寄付をしていただくことをお願いしています。
私たちの活動をどのようにサポートできるか、将来の訪問をどのように計画できるか、また、今すぐ会員になっていただけるかについては、FrankLloydWright.orgのウェブサイトをご覧ください。

 

タリージン・ウエストとフランク・ロイド・ライト財団の詳細については、こちらをご覧ください。

 

※当記事はメーカー(Matterport社)の公式ブログ記事の日本語翻訳版です。日本のユーザー様向けに、一部内容を変更・修正している場合があります。元の記事をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。

ブログ一覧へ

有限会社リビングCG

担当者
関 良平
(一級建築士/一級建築施工管理技士)
問合せ
mp@livingcg.jp
住所
〒105-0003 
東京都港区西新橋2-33-4
プレイアデ虎ノ門801
連絡先
TEL: 03-5256-7604
TOP