建築物を通じた歴史の保存

植民地時代から金ぴか時代までの建築を探る

 

1945年に設立され、RIのニューポートに位置するPreservation Society of Newport County(ニューポート保存協会)は、植民地時代から金ピカ時代までのこの地域の建築遺産を保護・保存しています。
同協会は、11の歴史的な博物館、不動産、景観を有する州最大の文化団体です。1992年に同協会は現在の本部であるロマネスク・リバイバル様式の邸宅を購入し、大規模な修復・改装を行いました。

同協会は、会員や一般の方々に向けて、各物件の内装や景観、社会史を紹介しています。
そして、7つの施設は国定歴史建造物に指定されています。
2000年7月には協会は4,000万回目のツアーを行い、米国の活気ある文化遺産の物語を一般の人々に提供し続けています。

協会では、これまでの展示やツアーに加えて、最近では3Dツアーも開始しました。
今回は、同協会の歴史的景観・園芸部門のキュレーターであるジム・ドナヒュー氏に、これらの史跡を撮影する際のインスピレーションについて聞いてみました。

 

 

Q:歴史的建造物を3Dで撮影したきっかけはなんですか?

この質問に対する答えは多方面にわたっています。
ローズクリフの展示会では、3Dキャプチャーすることで通常は数ヶ月しか開催されない展示会が、閉館後も「生き続ける」ことができます。
最新の展示である「Becoming Vanderbilt」は、コロナウイルスが流行していた時期に公開されたもので、現在はバーチャル展示が唯一の鑑賞方法となっています。

さらに、個々の物件のアクセシビリティを拡大することにもインスピレーションを得ました。
家のデジタルツインを持つことで、ゲストは通常ではできない方法で探索することができます。

 

歴史的な家屋の博物館を訪れる人は、通常、その中の空間や展示物を保護するために張られたロープに沿った見学ルートを進みます。
バーチャルツアーでは、お客様はロープや支柱に縛られることなく、自由に部屋を探索することができます。
ロープの向こう側に行って、部屋や物を間近に見ることができるので、これまでとは違った視点で空間を楽しむことができます。

 

Q:訪問者に見てもらいたい「必見」の場所と、その理由は何ですか。

ローズクリフの最新の展覧会「Becoming Vanderbilt」は、絶対に見逃せません。
アリス・グウィン・ヴァンダービルトの慈善活動から、娘のガートルード・ヴァンダービルト・ホイットニーのパトロン、アーティスト、美術館の創設者としての活動、
アルヴァ・ヴァンダービルト・ベルモントの女性参政権擁護活動から娘のコンスエロ・ヴァンダービルト・バルサンの慈善活動まで、
この展覧会はニューポートにゆかりのある素晴らしい女性たちの遺産を称えるものです。
「Becoming Vanderbilt」展では保存協会のコレクションに加えて、他の機関や個人のコレクションからの貸し出し品を展示しています。

また「The Elms」のバーチャルツアーは、ぜひチェックして頂きたいもののひとつです。
タグを使って、家中の絵画、オブジェ、家具、タペストリーなどの情報が提供されており、素晴らしい家を作るために集まった多くのピースをさらに理解することができます。

 

Q:これらのサイトに訪れた人に持ち帰ってほしいものは何ですか?

重要なことは、これらの場所は、現在は博物館になっていますが、かつては人が住んでいた家であり、私たちと同じようなことをしたり経験したりしていたということです。
よく見ると、それぞれの空間に以前の所有者の個性や興味が反映されていることがわかります。

 

Q:コロナウイルスの発生により、展示会が中止になりました。不安な状況にどのように対処しましたか?
このような未曾有の時代に、読者はニューポート保存協会のような組織をどのようにサポートすればよいのでしょうか?

ニューポート保存協会は、創立75周年と憲法修正第19条批准100周年を同時に祝うという野心的な計画で2020年を迎えました。
しかし、予想外の世界的危機に直面し、オンライン3Dツアーや毎週行われるZoomレクチャーなどの新技術を導入するとともに、様々な分野からの熱心な協力を得て、ソーシャルメディアでのメッセージ発信の頻度を上げることで対応しました。

再オープンキャンペーンでは、CEOのトゥルーディー・コックスが中心となって行った資金調達活動「Project Relaunch」が注目を集めました。
閉鎖期間の延長や、夏の再オープンが「The Breakers」と「The Elms」に限定したことで収入が大幅に減ったにもかかわらず、保存協会は前進し続けました。
読者の皆様の中でご協力いただける方は、「Project Relaunch」のページにアクセスして、寄付を頂ければ幸いです。

先週は、新しい屋外限定パッケージ「Stroll the Gardens & Grounds」の一環として、人気の「Green Animals Topiary Garden」もオープンしました。
今回初めて、1つの料金で3つの施設の敷地内に入ることができるチケットで、「The Breakers」と「The Elms」、「Green Animals Topiary Garden」の歴史的な景観の上でピクニックができるようになりました。
これは、保存協会のリーダーシップチームが、このパンデミックがもたらす課題に対処するために、既成概念にとらわれずに考えたもう一つの例です。

先日、トゥルーディ・コックスは、「TIME」誌に掲載された、アメリカの美術館の危機的状況に関する幅広い記事の一部としてインタビューを受けました。
この記事では、教育、歴史、芸術といった文化面での貢献だけでなく、美術館が「米国経済に500億ドルの貢献をし、72万6千人以上の雇用を創出し、120億ドルの税収を生み出している」ことを指摘し、なぜ危機的状況にあるのかを明らかにしています。
現在、公共の支援がかつてないほど重要になっています。

The Preservation Society of Newport Countyの詳細については、こちらをご覧ください。

 

※当記事はメーカー(Matterport社)の公式ブログ記事の日本語翻訳版です。日本のユーザー様向けに、一部内容を変更・修正している場合があります。元の記事をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。

ブログ一覧へ

有限会社リビングCG

担当者
関 良平
(一級建築士/一級建築施工管理技士)
問合せ
mp@livingcg.jp
住所
〒105-0003 
東京都港区西新橋2-33-4
プレイアデ虎ノ門801
TOP