ブログBLOG

Matterport(マーターポート)ブログその他Autodesk BIM 360をお使いの方は、Matterportカードの追加が必要です

Autodesk BIM 360をお使いの方は、Matterportカードの追加が必要です

Project Homeのダッシュボードから、現場の寸法精度の高い3Dウォークスルーを見ることができ、
より早く、より多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。

 

Autodesk BIM 360 Project Homeのダッシュボードから、プロジェクト現場の最新の3Dウォークスルーに直接アクセスできることを想像してみてください。

Matterportカードを追加するだけで、このようなことが可能になります。
オーナー、デザイナー、プロジェクトマネージャー、サブコントラクターは、BIM 360でプロジェクトの進行状況を最新かつ正確な3Dビューで確認し、プロジェクトのライフサイクルを通してより多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。
あらゆる現場のデジタルツインにアクセスできることで、効率、コラボレーション、コミュニケーションが新たなレベルに達します。
この統合により、リスクを減らし、品質を向上させ、プロジェクトを期限内に完了させることができます。

 

 

もう一つの大きな利点は Matterportのディープリンクを使って、BIMの共同作業者や閲覧者に、デジタルツイン内の正確な位置を示すことができます。
RFI(Request for Information)ドキュメントの詳細を視覚的に説明することで、混乱を解消し、意思決定を迅速に行うことができます。

 

 

Matterportのお客様は、すでにAutodeskファミリーの一員として、物件の空間データを迅速かつ正確に取得しています。
Autodeskの推奨により、ユーザーはMatterportの3DデータであるMatterPakRecapにエクスポートし、さらにRevitやAutoCADなどのオートデスクのプログラムにエクスポートします。
これにより、デザイナーや建築家はMatterportプラットフォームとAutodeskを使用して設計を簡単に操作および作成することで、完成時の状態をすばやくキャプチャできます。

またパートナーシップの拡大に伴い、Autodesk Construction Cloud全体の統合機能がリリースされる予定です。

今すぐMatterportパートナーカードを追加してみましょう。

 

※当記事はメーカー(Matterport社)の公式ブログ記事の日本語翻訳版です。日本のユーザー様向けに、一部内容を変更・修正している場合があります。元の記事をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。

ブログ一覧へ

有限会社リビングCG

担当者
関 良平
(一級建築士/一級建築施工管理技士)
問合せ
mp@livingcg.jp
住所
〒105-0003 
東京都港区西新橋2-33-4
プレイアデ虎ノ門801
連絡先
TEL: 03-5256-7604
TOP