ブログBLOG

Matterport(マーターポート)ブログヒントMatterportとデジタルツインの基本で3Dのパワーを探る

Matterportとデジタルツインの基本で3Dのパワーを探る

デジタルツインは、没入感のある3Dで空間をキャプチャして共有するための優れた方法であり、
多くの業界のユースケースに影響を与えることができます。

 

Matterport for iPhoneBETAの発売に伴い、Matterportコミュニティに多くの新しいメンバーを迎え、誰でも、どこでも、持っている携帯電話を使って、没入型の3D空間を作ることができる世界へと進みました。
この機会に、Matterportの基本を再確認し、デジタルツインの力を最大限に活用する方法を学んでみませんか?

 

デジタルツインとは何ですか?

A:デジタルツインとは、住宅や商業ビルなどの建築物の空間を、寸法的に正確な3Dデジタルで表現したものです。当社の強力なオールインワン3Dデータプラットフォームを使えば、空間をMatterportで、正確で臨場感のあるデジタルツインに変えることができます。
ここをクリックすると、3Dモデルギャラリーでいくつかの例をご覧いただけます。では、どのようにしてデジタルツインを作成するのでしょうか、そしてさらに重要なことは、なぜデジタルツインを作成する必要があるのでしょうか?

 

デジタルツインは何をもたらすのか?

デジタルツインは、大切な場所を撮影して共有するための優れた手段であるだけでなく、さまざまな業界に貢献してきました。
ここでは、その例をご紹介します。

  • 不動産業界では、3Dバーチャルツアーというデジタルツインが、物件をより早く、より高い価格で販売することで、エージェントの収益向上に貢献しています。
    また、Matterportは強力なマーケティングツールとして、より多くのリスティングを獲得するのに役立ちます。
  • 旅行・ホスピタリティ分野では、3Dツアーにより予約数の増加、高い稼働率、エンゲージメント率の向上が期待できます。
  • 建築、エンジニアリング、建設の分野では、デジタルツインが資料を合理化し、プロジェクトの3Dスキャンでのバーチャルコラボレーションにより、コストと現場訪問を削減します。
  • 保険や修復の分野では、デジタルツインは最速かつ最も包括的な損失の証拠資料のソリューションであり、クレームをより早く解決し、遠隔地での閲覧や調整を可能にし、損害賠償請求における紛争を軽減します。
  • 施設管理者にとってデジタルツインは、既存の建物の調査、メンテナンスの管理、改装計画の策定などを効率的かつ効果的に行うことができます。
  • 博物館や美術館などのパブリックスペースでは、デジタルツインを利用することで、来場者が24時間いつでもアクセスできるようになり、イベントプランナーは会場の完全な没入型3Dビジョンを提供することで、より多くの情報に基づいた予約決定を行うことができます。

 

デジタルツインの撮影方法は?

1. 撮影デバイスの選択

デジタルツインを作成するには、空間をスキャンするキャプチャーデバイスを選びます。 Matterportは対応するiPhoneやiPad、Leica BLK360、Matterport Pro 2カメラ、そして厳選された360カメラなど、様々なデジタルカメラに対応しており、お客様のニーズに合わせてお選びいただけます。

 

2.Matterport Captureアプリのダウンロード

お好みのキャプチャーデバイスを選択したら、App storeから無料のMatterport Captureアプリをダウンロードします。
このアプリを使って、iPhoneやiPadなどの対応キャプチャデバイスで空間をキャプチャします。

 

3.Matterportサブスクリプションプランの選択

撮影したデジタルツインはMatterportクラウド上にホストされるため、空間をパーソナライズ、共有、保存するにはMatterportアカウントを開設する必要があります。
Matterportは様々なユースケースと予算に適した様々なサブスクリプションプランを提供していますが、ここから簡単に無料のものから始めて、ニーズの変化に応じてプランをアップグレードすることができます。

Freeプランでは何ができるのですか?

Freeプランは、Matterportの魅力を体験するための最適な方法です。
Freeプランでは、無制限にデジタルツインを作成することができ、同時に1つのデジタルツインをアクティブにして共有または公開することができます。(共有および公開は、ベータ期間中にサポートされたiPhoneおよびiPadで作成されたデジタルツインに限定されます)

「アクティブ 」とはどういう意味ですか?

すべてのデジタルツインには2つの状態があります:「アクティブ」または「非アクティブ(アーカイブ)」です。
アクティブなデジタルツインは、建物や不動産の完全に機能する3Dモデルで、これがデフォルトの状態です。
デジタルツインがアクティブであれば、閲覧、カスタマイズ、公開、共有が可能です。
アーカイブされたデジタルツインは、再びアクティブにしない限り、自分だけが閲覧でき、他の人と共有したり、公開したりすることはできません。

Freeプラン* 有料プラン
作成できるデジタルツインの数 無制限 無制限
アクティブな状態で維持できるデジタルツインの数 1 5からスタートし、
上位プランでは増加
共有できるデジタルツインの数 1(アクティブなデジタルツインのみを共有可能) 同上
ウェブサイトに埋め込み、ポータルに公開できるデジタルツインの数 1  (アクティブなデジタルツインのみ埋め込みと公開が可能) 同上

*注:Freeプランは、対応する360カメラ、iPhone、iPadでのみご利用いただけます

iPhone 6s以降のモデル、またはiPad Air 2以降のモデルをお持ちの方は、無料のアカウントに登録して、すぐに空間のキャプチャを開始しましょう。無料で、しかも数分で3Dキャプチャーの威力を実感してください。
不動産会社にとっては、物件のデジタルツインを作成し、サイトに投稿する絶好の機会となります。
次の物件を獲得するために、3Dツアーでアピールすることができます。

 

アップグレードのタイミングはいつですか?

しばらくすると、Freeプランでは成長するニーズに合わないことに気づくかもしれません。
スタータープランは、手頃な価格でありながらパワフルなオプションとして、次のステップとして最適です。
スタータープランには、最大5つのアクティブなスペースがあり、一度に最大5つのデジタルツインを共有・公開することができます。

プランをアップグレードする前に、一度に公開・共有するアクティブスペース(デジタルツイン)の数をご検討ください。
Matterportでは様々なプランをご用意していますが、お客様がプランに縛られることはありません。
いつでも解約でき、ビジネスの変化に応じてプランを変更することも数回のクリックで可能です。 ぜひ一度お試しください。

 

※当記事はメーカー(Matterport社)の公式ブログ記事の日本語翻訳版です。日本のユーザー様向けに、一部内容を変更・修正している場合があります。元の記事をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。 

ブログ一覧へ

有限会社リビングCG

担当者
関 良平
(一級建築士/一級建築施工管理技士)
問合せ
mp@livingcg.jp
住所
〒105-0003 
東京都港区西新橋2-33-4
プレイアデ虎ノ門801
連絡先
TEL: 03-5256-7604
TOP