Guttmann – Salomon

神経障害のある20人の患者のグループへ没入型の山に登る体験を患者に提供。

事例紹介

概要

クライアント
ロケーション

バルセロナ、スペイン

要望

神経障害のある身体障害者に、ペドラフォルカ山を没入型で登る自由と前向きな感覚を感じてもらいましょう。

解決策

神経障害と診断されたInstitutGuttmanの20人の患者のグループが、Broomxテクノロジーを通じて没入型の山登りの経験を患者に提供するこの包括的なSalomonイニシアチブに参加しました。

実施の様子

実施の様子を動画でご覧いただけます

Salomonイニシアチブ
MK360+を搭載

脊髄損傷または後天性脳損傷のいずれかが原因であるかどうかにかかわらず、神経障害のある20人の患者のグループは、InstitutGuttmannが主催するSalomonのイニシアチブに参加しました。包括的な体験は、Broomxテクノロジーを通じて没入型の山に登る体験を患者に提供します。 MK360+は、没入型テクノロジーの力により、バダロナ(バルセロナ)の神経リハビリテーション病院であるInstitutGuttmannの部屋の1つを変革します。Salomonが360テクノロジーで録画したビデオで説明されている間、部屋はペドラフォルカ山頂になります。

Salomon360ºMountains

このプロジェクトは、いつでもどこからでも、山をすべての人に近づけることを目的としたSalomon360ºMountainsプロジェクトの一部です。このアイデアは、2020年にSalomonがピレネー山脈で最も有名な山々の山頂へのルートを記録したときに生まれました。

ペドラフォルカのツアー

Salomonは、360度のビデオカメラでペドラフォルカの上昇と下降を記録しました。登山の感覚を、体験できない人に伝えることが目標です。その時、MK360+を使ってInstitutGuttmannで没入型スクリーニングを行う可能性が考えられました。

包括的な活動

この経験により、神経障害のある20人のグループが、ペドラフォルカに登る自由と前向きな感覚を没入型の仮想形式で楽しむことができました。イニシアチブの作成者は、プロジェクトのアイデアを患者に説明し、山に登った経験についての逸話を共有しました。

他の事例も見る

DomusVi

DomusVi

作業療法に適用される没入型の経験を使用して、認知刺激を促進する活動を作成します。
さらに詳しく

明日へ向かって

明日へ向かって

福岡県福岡市の「明日へ向かって」では、障害者の就労支援事業所や、生活介護事業所に通っている利用者に没入体験を提供しています。
さらに詳しく

National MS Center

National MS Center

ベルギーのNational MS Centerは、リハビリテーション療法の強力なリソースとして没入型テクノロジーを使用しています。
さらに詳しく

新橋・虎ノ門近くのショールームで、MK360+を体験できます。
この迫力の臨場感は、体験しなければ伝わりません。

ショールームを見学する